絶景雲海 斜里岳

2018/6/26(火)遠征2座目斜里岳
計画では今日はウトロまで移動し明日羅臼岳の予定だったが、今日の天気が晴れ予報で斜里岳に変更する。
晴れの日に移動だけではもったいない、この時期少ない晴れ予報有効に使う。


画像



昨日旭岳から清里の道の駅に移動、道の駅に併設されている温泉に入り睡眠も十分とりスッキリ目覚める。コンビニで朝食と昼食を買い、登山口の清岳荘へ向かう。車中濃霧で斜里岳は見えない少し不安になるが予報を信じよう。

画像
登山口の清岳荘に着く、立派な山荘である。


画像
すぐ横が登山口、朝食を済ませ出発する
注意書きがあり雪渓と水量が多めで登り下りとも新道を推奨との事。


画像
樹林帯を通り林道を進んで登山道に入る
しばらくすると沢に出る、渡渉のスタートである。水量は多めであるが特に問題は無い。


画像
何度かのスリリングな渡渉をして下二股に着く、ここで旧道と新道に分かれる。
斜里岳の醍醐味は旧道を進み何ヵ所かある滝を登るコースであるが
悩んだ結果山小屋推奨の新道に進む。


画像
新道を選択したが、これが超急登の連続でコース選択をミスる。
それでも時折見せる晴れ間から山頂らしきピークが見える


画像
急登を登り切り物騒な名前の熊見峠で小休止、この先で2人組のお兄さんと談笑する
4時にスタートして下るそうだ、旧道コースで登ったが特に問題は無かったとの事


画像
熊見峠から一旦下りハイマツの中を進むとすぐに上二股に合流する。
ここから先がガレ場の急登になる


画像
ヤマザクラ


画像
胸突八丁の急登を抜けると稜線の馬の背に着く


画像
山頂が見えてきた、ガスも晴れて気持ちが昂る


画像
山頂到着雲海が素晴らしい


画像
写真を撮ってもらったお兄さんは昨日佐呂間100kmマラソンに出場して
今日斜里岳に登ったとの事下りもあっと言う間に姿が見えなくなった。


画像
東には明日登る知床連山羅臼岳が・・・


画像
ミヤマキンバイ


画像
チングルマ


画像


画像
エゾノツガザクラ


画像
イソツツジ


画像


画像
清岳荘から見る斜里平野とオホーツク



スタート時点では濃霧であったが、山頂は見事に晴れて絶景の雲海を見ることが出来た。
雲が無ければオホーツク海も眺望出来ただろうに・・・・欲張りは良くない。

下山後、次の羅臼岳に向けてウトロへ移動する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • やまや

    なおさん  初めまして

    北海道遠征良いですね。私もまた行きたくなりました。
    ところで
    だいぶ前ですが清岳荘は火災で焼失したと情報を得てました。
    私がお世話になった(1998年9月)のときは木造の建物だったです。管理人と遅くまで飲みながら色々な話をした記憶があります。
    立派に再建されたんですね。再建されて本当によかったです。

    まだまだ北海道の山を歩かれるんでしょうね。
    天気に恵まれ楽しい山旅になりますように。

    レポ楽しみにしてます。

    天気も良く大自然を満喫。羨ましいかぎりです。
    2018年07月11日 09:48
  • なお

    やまやさん コメントありがとうございます。
    清岳荘は新しく立派になりました。聞いた話ですが以前建っていた別のところに建てたようです。私は初めて斜里岳に登ったのですが、RCの立派な山小屋でした。

    今回北海道の6座を登る予定でしたが、天気が悪く5座になってしまいました。
    6月後半は北海道特有の『蝦夷梅雨』があるようです。

    せっかく山登りをするなら晴れた方がいいのですが、斜里岳以外は残念な結果でした。
    でも、また次回天を味方にして挑戦したいと思います。
    やまやさんも楽しい山旅を満喫してください。
    2018年07月12日 21:46

この記事へのトラックバック