浅間山(強風と寒さ・・・・)

5月18日(土)晴れ・曇り 奥さんの用事で佐久に同行、私は一人浅間山へ。 佐久平駅で奥さんを降ろし登山口へ向かう。 登山口の天狗温泉浅間山荘前に着いたのが9時過ぎ 駐車場は上は満車ですぐ下のキャンプ場の駐車場に停める(¥500) 遅いスタートだったので誰もいない静かな登山口 一の鳥居、ここで2つのコースに分かれる 今回は不動滝コースを登る 不動滝が…

続きを読む

光岳・イザルヶ岳

GW後半5月3日から光岳・イザルヶ岳へ 前日道の駅に車中泊し芝沢ゲートへ、車は約20数台、広い駐車場なのでまだ余裕で停まれた。 登山口の易老渡まで約1時間20分林道歩き。途中2カ所で道路が崩落う回路を通る。 芝沢ゲート ここから林道歩きを約80分 易老渡の登山口 この看板10で面平、その後易老岳までの番号が始まる この辺あたりから徐々に体がきつ…

続きを読む

武尊山(春なのにまだ山は冬)

1か月ぶりの山、群馬の武尊山に登る。 武尊山は夏1回、春1回登っているので今回で3回目。 前回は吹雪で山頂からの景色は見れなかったが、今回は360°大展望でした。 登山届を書いてリフト売り場へ、リフト券と『ココヘリ』のビーコンをレンタルする。実質金額¥3000 週末の割には空いている?左側のリフトに乗ります。 2つのリフトを乗り継いでスタート地点に、ここから…

続きを読む

谷川岳『今年も快晴に恵まれる』

6年連続『春の谷川岳』へ なんとこれが今年の山始めでした。 毎年近場で足慣らしをしてからの谷川岳だったが、今年はいきなりの雪山です。 山の天気でチェックするとCランク、少し心配するが晴れを願って3時40分出発。 6時半に谷川岳天神平スキー場到着、予想より空いている。 ゴンドラの切符も並ばなく購入。 天神平に着く、雲が多いが青空も見える …

続きを読む

塔の岳

久しぶりの塔の岳へ 今日の行程は大倉尾根-塔ノ岳-天神尾根-戸沢-大倉-(蕎麦屋) 風の吊り橋の下です、道を間違えたのが良かった。   今日は戸沢へ下ります。 戸沢からの林道歩きが長かったが、道沿いの紅葉を眺めながらの満足した林道でした。 帰りは大倉の蕎麦屋さんに寄って生…

続きを読む

伯耆大山(弥山)

伯耆大山 渋谷から夜行バスで米子へ、自身初山陰です。 天気が心配であったが・・やはり雨  バス予約時は曇り予報で強行したが、今年はずっと雨男的な・・・ 米子についてすぐに、登山天気を調べたがB評価?もしやこれから回復・・・ 駅で朝食を摂り8:20分発の大山寺行きバスに乗る。 大山ナショナルパークセンターから出発 夏山登山道入り口より…

続きを読む

武甲山(一の鳥居-武甲山-小持山-大持山-妻坂峠)

秩父の奇峰武甲山へ行く。 一の鳥居駐車場へ 登山届を出して出発、一応ソロなので熊鈴も付ける 車道を20分程進み、ここから本格的な登山道に入る 不動滝、水場に歩荷用のペットボトルあり(山頂のトイレ用) 大杉の広場通過 山頂の御岳神社 神社の中を通りフェンス沿いを歩き山頂に!!フェンスの向うは石灰石採掘現場の絶壁 北側には秩父市内、芝桜…

続きを読む

燧ケ岳-尾瀬ヶ原

燧ケ岳(尾瀬沼湖畔より) 久しぶりに山友三人での山旅・・・・・・台風25号の心配もあったが紅葉も終盤に成る為決行。 金曜日の夜、赤城高原SAで待ち合わせ。仮眠して翌朝尾瀬の大清水に向かう。 大清水の駐車場から一ノ瀬へ林道歩き 一ノ瀬から沢に沿って気持ちの良い登山道を進む 十二曲りの登りもまだまだ余裕のMさんです スタートして…

続きを読む

鷲羽岳と秘湯高天原温泉(3/3)

【第三日目】 高天原山荘を5時前に出発、まずは高天原峠までCT1時間30分 予定より早く到着ここから雲の平への登りが続く 巨木と連続3カ所の梯子 樹林帯を抜け薬師岳、今日も天気が良い 奥スイス庭園、、花の時期が過ぎたので・・・ この時期はゴーロ・・・ 雲ノ平山荘に笠ヶ岳と黒部五郎岳が映える 山荘前で弁当を食べるが、風が強く食べるのに苦戦。それに…

続きを読む

鷲羽岳と秘湯高天原温泉(2/3)

【第二日目】 双六小屋5時出発 日の出 早朝の星空、すでに西鎌尾根に向けて出発している人 双六岳にモルゲンロート 双六岳の分岐、前回双六は登ったので巻道へ 巻道を進み振り返れば槍の頭 チングルマの穂にも朝日 前方の丸山、三俣蓮華も朝日を浴びくっきり なんとも気持ちいい山並みと後ろ姿!? 巻道と行っても中々のルートです いつまでも見てい…

続きを読む

鷲羽岳と秘湯高天原温泉(1/3)

2018/8/21(火) 新穂高温泉から鷲羽岳・高天原温泉を目指し3泊4日の山旅に。 【第一日目】 双六小屋、あわよくば三俣山荘まで進む計画 6:45新穂高温泉出発、平日の為か登山者は少なめである。 空は雲が多かったが次第に青空も見えてきた。 笠新道登山口で水補給、3年前の笠ヶ岳への急登を思い出す。登りも下りもきつかった 秩父沢で急登前の小休憩 チボ…

続きを読む

早池峰山(花の時期は過ぎていたが・・・)

8月1日(水)早池峰山へ 小田越より出発、小田越には基本駐車場はありません、平日早朝であれば4・5台のスペースあり スタートはこんな感じの樹林帯を進みます すぐに樹林帯を抜て気持ちの良い登山道 振り向けば対面の薬師岳 少しづつ急になります 岩とハイマツとお花畑(花は残念ながら時期が遅すぎ) 風があるので暑さはそれほど感じない 五合目で小…

続きを読む

岩手山(焼走り登山口ピストン)

7月31日(火)岩手山へ 道の駅も近く下山後の温泉も近いので焼走り登山口選択 緩やかな樹林帯を進みます 登山道は整備され歩き易いが蒸し暑さは半端無い、第2噴出口跡も樹林帯の中? タオルはすでにビショビショ、溶岩流の上で小休止ガスが無ければ眺望がすばらしいのだろう ここを抜けるとコマクサの群生地 幾分疲れたコマクサ 富士山のような火山礫の道が続…

続きを読む

八幡平(黒谷地湿原-源太森-山頂)

7月30日(月)八幡平へ 黒谷地湿原よりスタート 木道が朽ちているの注意しながら進む 湿原の休憩スポット ニッコウキスゲが沢山咲いてます 少し登りに入ります 森を抜ける、ここから気持ちの良い景色が続く 脇道に入ると源太森のピーク 十数歩で源太森に着く 森の奥に八幡沼 ニッコウキスゲ クルマユリ 八幡沼の脇…

続きを読む

十勝岳と吹上の湯

2018/7/2(月)遠征5座目十勝岳へ 美瑛駅前駐車場4時起床、すぐ近くのコンビニで朝食を買い登山口へ 登山者名簿に記帳して出発 曇り空の中望岳台をスタート、北海道に来て1週間になるがスッキリしない天気が続く 火山礫の登山道を進み雲ノ平分岐 振り返れば雲海 避難小屋、十勝岳は活火山で噴火警戒レベル1です。一応ヘルメットは持参 避難小屋からの急登を登りき…

続きを読む

雌阿寒岳(オンネトーコースから雌阿寒温泉コース)

2018/6/30(土)遠征4座目雌阿寒岳へ 前日の雨で1日延期したが今日の予報は曇り/晴れである。 4時起床、道の駅で朝食を済ませ登山口へ向かう。 7:15オンネトー登山口よりスタート 緩やかな樹林帯を進む30分程度で4合目 木の根が露出して歩きにくい登山道を進む スタートして70分、樹林帯を抜ける 麓が明るくなった、オンネトーも綺麗に見える …

続きを読む

ヒグマにビビった羅臼岳

2018/6/28(木)遠征3座目羅臼岳へ 26日斜里岳を下山後ウトロに入り、知床ホステルに宿泊。 27日は早朝曇り、その後天気が悪くなる予報・・・・1日延ばそう、明日に期待する。 その日はコインランドリーや買い物をして1日過ごす。 昼過ぎに登山口の木下小屋に予約を入れ15:00頃入る。素泊りのみの対応で2500円その代わり24時間露天風呂が入れる。当日は2人組のおじさん二組と3人組…

続きを読む

絶景雲海 斜里岳

2018/6/26(火)遠征2座目斜里岳へ 計画では今日はウトロまで移動し明日羅臼岳の予定だったが、今日の天気が晴れ予報で斜里岳に変更する。 晴れの日に移動だけではもったいない、この時期少ない晴れ予報有効に使う。 昨日旭岳から清里の道の駅に移動、道の駅に併設されている温泉に入り睡眠も十分とりスッキリ目覚める。コンビニで朝食と昼食を買い、登山口の清岳荘へ向かう。車中濃霧…

続きを読む

ガスと強風の大雪山(旭岳)

2018/6/25(月)北海道遠征第1座目の旭岳へ、 旭岳ロープウェイの駐車場に着くも雨の為か人出が少ない。朝食を済ませ登山準備に入る。7時半の便に乗り姿見駅へ、自分を含め3人の乗客である。 姿見駅で雨具を着てスタートする。   気温9℃ 風速10m/s 残雪あり 姿見駅からのルート天気の回復を期待する 雪渓はスタートしてすぐにあるがザラメで問題なし観光客用に長靴が用…

続きを読む

平日の小仏城山

平日の高尾山口さすがに人が少ない 梅雨空ではあるが、降らないとの予報なので山トレ山行。 自宅を11時に出発、普通では考えられない遅さであるが『サンデー毎日』の身、時間はたっぷりある。 高尾山口でおにぎり1ヶを食べ、稲荷山コースを進む。 高尾山を巻いてそのまま小仏城山に。 霞んで景色はダメ、肉眼でも八王子市内が見える程度。 …

続きを読む

八王子城山(高尾駅-八王子城跡-八王子神社-富士見台-駒木野)

高尾山、景信山方面の混雑を避け高尾駅-八王子城跡-富士見台・北高尾山稜縦走コース-高尾駅と回る。 高尾駅北口を出て北上、多摩森林学園前を通り八王子城跡へ ◆八王子城◆ 八王子城は、戦国時代の末期に小田原に本拠をおき関東に覇権をもった北条氏の三代目当主、氏康の三男の北条氏照によって築かれた山城。 氏照は幼い頃、武蔵国守護代だった滝山城主大石定久の養子となり、のちに定久の娘…

続きを読む

大倉尾根-塔の岳(ピストン)

5/12(土)久しぶりに塔の岳へ出かけて見る。北海道・東北遠征まで2か月を切りトレーニングを兼ねての4年ぶり大倉尾根ー塔の岳山行。 今週の雨・荒天で週末の天気を心配したが、気持ち良く晴れてくれた、渋沢のバス停も混雑し臨時バスも出ていた。大倉に着いて上着を脱ぎTシャツ一枚に、今日は暑くなりそうである。 トウゴウミツバツツジが所々で綺麗に咲いている、テレ…

続きを読む

荒島岳

昨日の伊吹山から福井県の大野に移動し、一乗谷の道の駅で車中泊する。 夕飯は道の駅でカツ丼(ソースかつ丼)を食べ、その後車の中で酎ハイを飲んで寝る。 4/29 朝5時過ぎに起き登山口の勝原へ向かう。 駐車場にはすでに20台程度の車があったが余裕で駐車出来た。 朝食のパンを食べすぐに出発する。 登山マップ、山頂まで3時間20分の予定 スタートしてスキー場跡のコンクリー…

続きを読む

伊吹山

自宅を深夜出発、関ケ原ICを下り、登山口の三宮神社の駐車場へ入れる。 GW前半は天気も良く久しぶりの山でテンションが上がる。 第一日目の伊吹山へ 駐車場は登山口には数台しか停められず、近くの民家に駐車できる、事前にチェックしていたので迷わずおじさんの誘導に従い400円/日の広い駐車場に入る。トイレ・更衣室・靴洗い場完備で400円は格安だ。 準備を整え6:00出発 駐…

続きを読む

谷川岳 快晴の春山満喫

3月4日(日)AM3:30自宅出発 久しぶりの山登りは春山定番の谷川岳へ 快晴の空にこれから目指す山頂 対面には白毛門・笠ヶ岳・朝日岳の峰々 快調に高度を上げます、それにしても暑い! ここからジワジワ急登になる、それにしても紺碧の空と真っ白な雪面、最高!! 分岐点到着、今日は西黒尾根からもたくさん登ってきます トマの耳、富士山を探すが見えない …

続きを読む

針ノ木岳・蓮華岳(後編)

翌朝5:00に起床、5:30の朝食を済まし蓮華岳に向かう、今日も多少風はあるが快晴の登山日和である。部屋のほとんどの人は早出でもう出発している、今日は蓮華を登りその後は下山だけなのでのんびり出発する。 雲海の奥に富士山 槍ヶ岳にも陽が当たってきた 剱はいつ見ても貫禄がある山だ 蓮華岳山頂、風は強いが展望がすばらしい 雲海と朝日 またまた剱岳、何度見ても飽きない…

続きを読む

針ノ木岳・蓮華岳(前編)

【10月8日(日)~9日(月)】 三連休の土曜日以外は晴れの予報、比較的穴場の 針ノ木岳・蓮華岳 に行く。 扇沢の駐車場が心配(黒部・室堂方面の人出は多い)で土曜日の昼に自宅出発、夕方に市営駐車場にギリギリ滑り込む。ほぼ満車状態、とりあえず無料駐車場に停められ一安心。ここで車中泊し翌朝出発。 扇沢を出発 真青な空と稜線そして紅葉、快晴無風最高の登山日和 目指す針…

続きを読む

紅葉鮮やか涸沢カール

・・・・2017年9月30日~10月1日・・・・ 涸沢の紅葉を見るのは今しかない。情報では今週末が紅葉のピーク、しかも予報、大混雑を想定しいろいろ考えて奥穂や北穂の登山はパスして涸沢カールのみとする。 そして考えた計画 『今回の計画:AM1時頃に沢渡着、仮眠し朝はゆっくり上高地へ涸沢のテンバは避け徳澤でテン泊。一日目はテン場でまったりし、二日目に涸…

続きを読む

平ヶ岳(中ノ岐林道登山口)

9/2(土) 台風の影響で天気が心配ではあったが、平ケ岳へ行く。 土曜日の午前中に自宅を出発、途中八海山のロープウエイに立ち寄りチェックインまで時間を潰す。 今回は、銀山平温泉の山荘に前泊し翌朝山荘のマイクロバスで登山口まで送迎してもらう。 15:30山荘到着チェックイン、今日、明日の日程の説明を受け部屋へ 今回の宿泊はログハウス、部屋は1階と2階に分かれ1階部分には別に…

続きを読む

朝日連峰大朝日岳(鳥原山-中ツル尾根)

  前日月山から下山し朝日鉱泉ナチュラリストの家に宿泊、宿泊客はソロの方3人とご夫婦1組のみで10畳の部屋に一人と快適。温泉にも入れて前日の疲れもとれた。 5:30ナチュラリストの家出発、天気は今にも降りそうな空。CTは7.5時間出発してすぐに吊り橋を渡る、ここから中ツルコースの分岐を過ぎ急登に入る。樹林帯をひたすら進む先行の人は昨日同宿のご夫婦出発して1時間北の空に…

続きを読む