光岳・イザルヶ岳

GW後半5月3日から光岳・イザルヶ岳へ

前日道の駅に車中泊し芝沢ゲートへ、車は約20数台、広い駐車場なのでまだ余裕で停まれた。
登山口の易老渡まで約1時間20分林道歩き。途中2カ所で道路が崩落う回路を通る。


画像


画像
芝沢ゲート ここから林道歩きを約80分


画像
易老渡の登山口


画像
この看板10で面平、その後易老岳までの番号が始まる


画像


画像
この辺あたりから徐々に体がきつくなる


画像
標高2000m付近から雪が多くなる。踏み抜きに注意しながら進む


画像


画像
あと少しで易老岳、疲れのピーク


画像
易老岳の分岐、山頂標識は発見出来ず


画像
三吉ガレここから三吉平までテープが極端に少なくなりトレースを頼りに進むが・・・
先行者も悩んだ形跡多くGPSをチェックしながら進む


画像
三吉平について一安心、ここから谷筋を1時間最後の登り


画像


画像
振り返れば聖岳


画像
やっと小屋が見えてくる、休憩を入れても10時間・・疲労困憊



予定では初日に光岳を登ろうと思っていたが、山小屋でゆっくり休んで明日早朝に登ることとする。
今日の宿泊者は6人、1階に3人2階に3人ゆったり休むことが出来た。


画像
二日目 光岳に向かう。


画像
聖岳・上河内岳方面


画像
光岳山頂・・・朝日に光ってる


画像
光石には向かわず下山する


画像
世話になった小屋を掃除して出発。綺麗な良い小屋だった、営業期間にも来てみたい小屋だ。


画像
最後の写真を撮りイザルヶ岳へ寄って下山する


画像
イザルヶ岳の山頂付近でライチョウに出会う、真っ白ではないが冬毛のライチョウは初めて。
その後の情報で生息地の南端が光岳らしい。


画像
イザルヶ岳山頂、360°の大パノラマ


画像
兎岳・聖岳・上河内岳


画像
中央アルプスの峰々


画像
光岳


画像
聖岳アップ


画像


画像


画像



下山後、かぐらの湯に寄り帰路へ

今回は2日間ともに快晴で、GWと思えないほど人も少ない静かな山だった。

冬季避難小屋も初めて利用したが、利用者が6人と少なくゆっくり休めた。

来年もこの時期、南アルプスは穴場かも?・・・・・

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック